TEL

0798-65-2360

相続不動産のご相談 / INHERITANC ESTATE APPRAISAL

相続不動産のご相談
/ INHERITANC ESTATE APPRAISAL

相続不動産の相談がしたい!

相続においては、不動産の評価額が大きな影響力を持ちます。

相続が起こる「前」と「後」、そのどちらにおいても、最適な解が何かを探るお手伝いをさせていただいております。

 

相続財産を託す人の思いと、託される方の状況を理解することから始まると考えており、
まずはじっくりとお話をうかがうことを心掛けております。

 

相続が起きる「前」の対策とは?

・スムーズに財産を分けるために、どのような不動産を所有するのが良いか?

・相続税の支払いを減らすために、どんな対策をしておいたほうが良いのか?

を知りたいと思いませんか?

 

相続「前」の場合においては、所有する不動産の価値の把握が最初の一歩となります。正しい価値の把握ができてこそ、対策の検討をスムーズにすすめることができます。

素材_07

相続が起きた「後」の対策とは?

・相続登記をするにはどんな手続きが必要?

・相続税の申告をするにはどうしたらいい?

 

ということに困られていませんか?

 

相続「後」の場合においては、相続登記や相続税の申告といった必須の手続きについて専門家をご紹介するとともに、相続税上の評価と時価の違いを把握したうえで、円滑な分け方の提案や、売却のご相談にも対応させていただきます。

また、相続時の分け方で意見が折り合わず、調停や裁判へと発展した場合にも、裁判に強い鑑定評価書を作成して、ガッチリとサポートさせていただきます。

素材_20

相談解決事例

ご相談事例①
遺産分割協議のために時価を求めた後、不動産の売却

公平な遺産の分割のため、時価を求め、さらにワンストップで売却して、関係者様一同ご納得いただけました。

ご相談事例②
被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例を活用した不動産の売却

空き家を取り壊す時期や、売却が完了する時期に気を付けて特例を活用することができました。

ご相談事例③
収益用不動産の売却

管理が負担になっている収益用不動産を売却させていただきました。

ご相談事例④信託銀行主導で行われた遺産分割案に対して時価の専門家(不動産鑑定士)及び不動産実務者(宅地建物取引士)として、分割案が公平であるかのセカンドオピニオン

相続税の評価と時価の違いを意識しないと、損することにもなりかねません。不動産鑑定士と宅建取引士として両面からアドバイスをさせていただきました。

ご相談事例⑤
相続により権利関係が複雑になった不動産の等価交換

複雑に入り組んだ持ち分を交換するために、投下となるような土地の面積を厳密に計算させていただきました。

ご相談事例⑥
子に引き継ぐ不動産整理の御手伝い>(不動産業者として収益用不動産の取得のサポートをしつつ、既にある不動産については不動産鑑定士として同族間売買の金額の決定を行います)

相続が円滑に行われるよう、また、相続税評価が少なくなるよう、ご所有されている不動産の状況把握を行い、アドバイスさせていただきました。

ご相談事例⑦
孤独死された不動産の売却

高額で買い取る業者を紹介させていただきました。

小林エステイトの相続不動相談の流れ

遠方の方や家から出にくいお客様につきましては、Web面談によるご相談、またご自宅へご訪問させて頂いてのご相談も承りますので、お気軽にご連絡下さい。

STEP01相続不動産の初回無料相談

STEP01
相続不動産の初回無料相談

御相談は、無料でご利用できます。

まずは、お客様の現状についてお話をお聞かせください。必要な手続きや専門家との連携などをご提案させていただきます。

STEP022回目以降のご相談

STEP02
2回目以降のご相談

弊社相談は2回目も無料でご利用いただけます。弁護士、司法書士、税理士等の各種専門家の協力が必要な場合には、連携し対応させていただきます。

相続財産を託す人の思いと、託される方の状況に寄り添い、どのような形が最もよいか一緒に考えていきます。

STEP03相談を経ての手続き

STEP03
相談を経ての手続き

相談を経て売買・賃貸等を行うなど、方針が決まったものに関しまして、売買手続き、賃貸手続き、不動産鑑定評価書の作成などをさせていただきます。

報酬について

・御相談は、無料でご利用できます。

 

・2回目以降も、弊社相談は、無料でご利用できますが、弁護士、司法書士、税理士等の各種専門家の協力が必要な場合には、別途、専門家への支払が必要となることがございます。

 

・相談を経て売買となった場合の手数料は、以下の通りとなります。

物件代金の額仲介手数料
200万円未満の物件売買代金の額の5%+税
200万円以上400万円未満の物件売買代金の額の4%+税
400万円以上の物件売買代金の額の3%

・相談を経て賃貸となった場合、1ヶ月の賃料+消費税 をお願いしております。

・不動産鑑定評価書の作成については、25万円~+消費税となっております。